大和証券はIPOが当選しやすい?




皆さんこんにちは。
証券節穴リストのせんどーです。

今年の6月くらいから昔使っていた大和証券IPO(新規公開株)の申し込みを続けています。

12月は投資歴12年の中で初めて2件当選することができました。

昔はIPOの申し込みをしていませんでしたが、今より当たりやすかったんですかね?最近では分売すら当たらないイメージですw

SBI証券の方は130連敗。

タイトルにある通り、大和証券はIPOが当選しやすいか?ですが、資金が少なければSBI証券に比べて当たりやすいと思います。

IPOの当たりやすさについては以下が影響します。

  • 当選株数が多いか
  • IPO当選の仕組み

当選枚数が多いか

そもそも企業の新規発行株数が多ければ当たりやすくなります。ですが、当たりやすい=初値が高騰しにくいですので、当選する株の初値の高騰は期待できないかも知れません。

また、証券会社によっても割り当てられる枚数が違いますので、上場企業の主幹事(上場支援)の証券会社を狙うと良いです。

私が当選したカチタスとSGホールディングス(佐川急便)も発行枚数が多く、主幹事が大和証券でした。

IPO当選の仕組み

大和証券は一人あたり1単元まで、当選も完全抽選になります。

一方、SBI証券では申し込み枚数に依存するので、金融資産が多い方が有利です。

SBI証券では億トレさんが良く当たったあーと呟いているのを見かける事があります。しかも複数枚w

これが格差社会よ

一応、SBI証券にはIPOチャレンジポイントという仕組みも。

【株式投資】SBI証券のIPOチャレンジポイントの仕組み

2017.03.19

IPOって儲かるの?




新規公開株数がじゃぶじゃぶだったり、不人気企業でなければ、基本的には公募価格より高く寄り付きます(あとは地合い

IPOの初値については疎いのですが、私は以下のサイトを良く使っています。

やさしい IPO株のはじめ方

新規公開株数が少ないケースや人気セクターであれば高騰する可能性が高いようです。

せっかく当選しても公募価格より下がったら意味がないので、当たりやすさと人気度、投資家らしくPERなんかを事前に確認してから申し込みすると尚良いです(初値はあんまりPERの意味がない

カチタスの企業概要

価値足すという事で、空き家を再生する事業が主流の不動産企業です。

私が考えたんじゃないよw

先ほどのサイトを参考にさせていただくと公募価格でPER18倍、時価総額644億円

不動産企業という事でPERは低く抑えられがちですが、一応はまだ成長期?なので、高いPERを維持というよりはEPSの上昇によるPER低下は狙えるかも知れません。

私はこの時価総額だと普通には買いませんねw

カチタスの初値は?

もったいぶった、カチタスの初値です。

公募:1640円(私の購入株価

初値:1665円
高値:1950円
安値:1638円
終値:1860円

ストップ安気配だったので、誠意をお祈りしながら、初めはすけべで高値で指値をしていたものの、結局は寄りの1665円で売却となりました。

寄りで売却しないのなら公募の優位性がないですからね(謎の理由

ということで、1640円→1665円でフィニッシュです。

大和証券ってどこから株式売却するの?から始まり、手数料もよく分かっていませんが(適当すぎるw)、かろうじてプラス。

大和証券では取引が発生すると、年間口座管理料が1620円かかりますが、eメンバーに登録するとこちらが無料になりますので、ぜひ登録しておきましょう。

次のSGホールディングスも同じような感じなので、もはや期待はしていませんが、

一度くらいはIPOでウェーイしてみたいところです。