株式投資はギャンブルか否か




株式投資はやり方次第で、ギャンブルとも言えるし、
そうでないとも言えます(どっちだ

ギャンブル
金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯のこと

説明だけ見ると、やってることはギャンブルですねw
私は株式投資はギャンブルではないと声を大にして言いたいのですが。

まずこちらの図を見てください。

A地点から伸びる線はプラスに続いていますか、マイナスに続いていますか。

と聞かれれば、
誰でもプラスと答える事ができますが、

次にこうして、
どちらに線が続いているか、BETしてください。

と言われれば、ギャンブルになります。
判断する材料がないから(博打になる)です。

株式投資ではこの見えないところを情報で補うことができると考えています。

それにより、株式投資がギャンブルになるのかそうでなくなるのか
が変わって来ると思います。

判断がつかなくなったら売る

先日、不動産企業のアグレ都市デザインを全株利益確定しました。
30%くらいのリターンです。

同社はアッパーミドル層を狙った分譲住宅が当たり、
支店の開設など、拡大期にありました。

しかしながら、成長のペースが早く、
特にストック性もないことから来年も同率の成長を維持できるのか、
不動産の仕入れ価格が高騰しても大丈夫なのかというのを不安に感じていました。
※結局、四季報の一株益の予想もこちらの感覚が正しかったのか下方修正されました。

配当利回りも悪くなく、今後も成長が続けばまだ株価の上昇も狙えるかも知れませんが、
私は上記の図のように、アグレ都市デザインは黒塗りで見えなくなってしまったために、
売却の判断をしました。

上昇に見合うリスクではないと考えたためです。

ゲーム株はギャンブルという風潮

ゲーム株はボラティリティ(変動)が高いので、
そこに投資をしているだけでギャンブルと言われる事があります。

ゲーム株のボラティリティが高いのは、
・そもそもゲームセクターは人気(加熱する)
・アプリなどの成功/失敗で業績が大きく左右される

からかなと思ってます。

私は一時期、アエリア(A3というゲームが人気化しました)を
2000円代から保有していたのですが、同じ黒塗りでもこのように見えていました。
4000円代でも買い増ししています。

リリース後だけガチャのランキングが高く、売り上げは一時的なのでは。
というのはあっても売上を考えればPERもそこまで過熱感はなく、
うまく行かなくてもややマイナスくらいの感覚でした。

※売上はメタップスの資料を参考に概算で算出していました。

その後アプリがさらに人気化する可能性を考えれば、
これは取るべきリスクだと判断し、購入に至りました。

厳密にはこう見えていましたが。

短期的にはダメだとわかるまでに思惑から株価は上がると。

ちなみに

取るべきリスクと書いていますが、
様子を見ながらダメだとわかったら売れば良いため、
ギャンブルだとは思っていませんでした。

未来を当てようとすると難しく感じるのですが、
経験上、見てからでも間に合うようです。

おそらく、仮にA3がうまく行かなかったとしても、
大きな損失にはなっていなかったはずです。

利益を出している投資家はその感覚の人が多いと思います。

ただ、私自身ゲームセクターは経験不足という事もあり、
資金を大きく入れていた時期は短期間です。

もともと物販など好調で、今後さらにCDやライブなども考えればさらに上を狙えるものの、
他に買いたい銘柄が出てきてしまったため、比較して売ることに決めました。
ガチャ的にはジューンブライドで人気キャラを使ったのが一旦のピークかなというのが
単純な感想で、私自身ゲームをやめてしまったのも影響しています。

最近購入したサイバーステップも黒塗りでしたが、アエリアタイプです。
ここもトレバの今後を考えれば継続保有、
売るのはおやおや?となってからでも良いのですが、こちらも自己都合で一旦売却。
※この辺が短期間で大きく増やしている投資家との差を感じますw

このように業績を元に下振れリスクを天秤にかけ、
リスクが少なく、上がる時に入る(増やす)ようにしたところ、
投資パフォーマンスも上がって来るようになりました。

去年が+76%、
今年も現時点で+60%台です。

とは言え、何が起きるのがわからないのが相場の世界ですから、
自分の環境にあったポジションサイズで挑むことをオススメします。

一度の判断ミスで死ぬことのないように。

保有銘柄で唯一ギャンブルなのはFVCですね。

一応、意味があって買ってはきたのですが、
上振れ、下振れ両方の可能性があります。

みえないところをみる、
未来がどうなるかわからないから株式投資は面白いのでしょう。
言いたいだけ

※概念的に書いてますが、投資の際に利益や一株益などは定量的に見ています。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ