KABUDON

株式投資で資産を増やし、セミリタイアを目指す。

禁断の信用取引について書きます

投稿日:

まず、こちらをご覧ください。

信用取引の利用アンケートの結果ですが、
信用取引を利用しているのが約70%、常時利用が41%ということで、
なかなか高い印象を受けました。
信用取引で退場している人がいる事も考えればなおさら

これだけ利用されている信用取引ですが、
殆ど話題にならないので、あえて書きます。
※空売りの話は除きます。

信用取引が話題に挙がらないワケ

信用取引=危ない、悪い事をしている
といった感覚の方が多いからではと考えています。

投資をしていない人からすれば、
投資をしていると言っただけで、

何か悪い事をしているんじゃないか?
お金は汗水垂らして労働で増やすべきだ
、と思われると思います。

それと同じように、

信用取引を利用していない方には悪くうつると思います。

私は信用取引を上手く利用するべきだと考えています。
※注:推奨はしておりません!


信用取引を扱う上での注意点

私は分散投資ですが、
2016年のパフォーマンスは+70%を超えました。

現物の分散投資ではまずこのパフォーマンスはありえません。
保有株全ての銘柄が+70%以上騰がる必要があるからです。

ですが、信用取引は諸刃の剣ということは
十分に理解していますので、なるべくリスクを抑えるように扱っています。

分散投資+信用取引というのは試行錯誤の結果たどり着いたという感じです。

一度のミスで退場してしまうような買い方をしない

まず信用取引云々にかかわらず、
1銘柄に集中投資というのは避けています。

例えば現物保有でも1銘柄集中ではその銘柄に何かあった場合、
これまでの利益を全て吐き出し、これまでの投資が全て無駄になってしまいます。

信用取引であっても複数銘柄に分散投資をしていれば、
前者よりリスクが少ないケースもあります。

要は使い方かなと思っています。

ただ、資金が少ないうちや、
負けてもまた入金できる資金力がある方は、
大きく増やすためにはある程度集中投資が必要だと思います。

私も資金が少ないうちは集中投資をさせていましたが、
大きくはない資金でも今の資金を一度に全て失ってしまったら
立て直す余力がありません。

信用のナンピン買いで深追いしない

信用の一番の退場のケースはこちらかと思います。

自信のある銘柄が安くなった時に、
資金がなくても買えるのが信用取引の良いところですが、
良く分からないところ、高値圏の銘柄を無限にナンピンしていると、
地合いの悪化で一気に資金がなくなります。

自分の予想は当たらないものだと認識して、
自信のある銘柄でも何かあった時に取り返しのつかない額には
ならないように気をつけています。

現金余力を作る

これは私には効果があったのですが、
現金が余っていてもその資金を現物には当てず、
余力として残しておくというものです。

(その分信用の保有が増えますw)

信用の含み損が大きくなり、
信用維持率も低い状態でさらに地合いが悪くなると、
追証の懸念から正しい判断ができなくなります。

一度、損切りしようにも
現金余力が足りなければ預かり金不足が発生するケースもあります。

この辺に余裕ができると、
売りたい時に売れ、かなり安くなっているのに慌てて売却
という取引を減らすことができます。

兼業投資家は高ロットで回転しない

地合いが良い時に高ロットで小さい値幅を回転させて利益をだすことは簡単なのですが、
(下がったら買えば良いだけなので)
相場が見れない兼業投資家は大きい下落によって逃げ遅れ、
その高ロットがまるまる含み損になることがあります。

私はよくピコピコ差益とり用の注文も入れていますが、
少額になるようにしています。


私の信用取引の考え方

信用取引の利益はあってないものだと考えているので、
基本的には握力やや弱めで、お試し買いや安値圏で株価が止まって
これから上昇しそうという時に利用します。
安いと思ってナンピン買いで被弾する事も多々有ります

そのため、自分が想定している株価まで上昇した時や、
高値圏で地合いが悪くなりそうな時には信用取引分からまず減らすか現引をします。
※いきなり0にはせず、見ながら徐々に減らします。

人からは狼狽売りしているように見えるかもしれませんが、
信用分は色々考えがあって動かしています。

私はこれでもファンダメンタルズ投資家だと思っており、
通常の投資に加え、美味しいところを無理なくいただくのが信用取引の
良い使い方かなと思います。

最近、世界情勢も不安定な状態となっていますので、
一度の判断ミスで退場してしまうような取引だけは気を付けたい所です(手遅れ気味

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
↑ランキング参加中です。記事にピコンと来ましたら応援(クリック)をお願いします。

読まれている記事

1

こびと株さんの下記の記事を読んで、 LINK【雑談】20年来の親友ですら、私の「投資」を胡散臭い、あやしいと思っている ...

2

私の投資は大きく分けると以下の6つに分類されます。 基本的には6つ全てを同時並行で行ないます。 これらは銘柄毎によって分 ...

3

SBI証券の利用調査を行ったところ、 87%の人が口座を開設をしているということが分かり、その多さに驚きました。 ※投票 ...

4

大それたタイトルをつけながら、 毎度の暴落で資金を大きく減らしているせんどーです。 2008年、リーマンショック当時の私 ...

5

日経マネー2017年7月号では、 私がtwitterでフォローしている方の初登場、 かつ個人投資家の特集が他にもありまし ...

6

今日は投資家として購入して良かったと 思えた商品ベスト3を紹介いたします。 それでは早速ゴー(^ω^)ー!! 第3位 無 ...

-株式投資ノウハウ
-

Copyright© KABUDON , 2017 AllRights Reserved.