KABUDON

株式投資で市場平均・企業成長以上のリターンを目指す

どうしたら株を大きく買いにいけるのか

投稿日:

投資で大きく利益を上げるためには、
騰がる銘柄を見つけることと、
その銘柄を十分に買い付けるということが必要です。

騰がる銘柄を掴んでいても、
少額では意味がありませんから。

日本の億万投資家名鑑で、片山さんも

Lv1:この株は値上がりしそうだなと思う
Lv2:その株を実際に買いにいく
Lv3:十分な量(金額)を買いにいく
Lv4:それをしっかり最後までもつ

の4点が重要とされています。特に3と4ですね。

なかなか大きく買えないのは、
過去に大きく買って損をした経験がある、
あるいは、経験がなくても下がったら大きな損失になると理解している人かと思います。
=自信がない

私も買いまくって上がらなかった日本商業なんとかとか
大損したこともありますが、
資金を増やすためにはある程度資金を入れる必要があることは理解しているので、
リスクを見つつも、ここぞという時には多めに買うようにしています。


大きく買うためにやっていること

私が大きく買うためにやっていることは以下の通りです。

ビジネスモデル、事業的に時間が経てば株価が上がらざるを得ない企業に投資
→ナンピンがしやすい。下がっても将来上がると考えられれば買いにいける
※長期でうまくいっている方が良くやってるファイナルナンピン投資法(?

テクニカルはヨコヨコで買う(上昇し始めで買い増す)
→下がっている最中に買ってもまだ下がる可能性がある。
→上がっている最中に買っても利確に押されることがある。
→ヨコヨコ=下げにくい何かがあるということ
※購入後に再度下げ始めたら一度減らして次のヨコヨコを狙う

投資の浅い銘柄は不確かなイベントを外す
→決算を外すとか

下がっても利回りなどで問題ないと思える株価
→下がると買われる=下げにくい

業務内容を理解し、経験上騰がると思える
→言葉に〜できな〜い〜(?
→期変わりで評価されそうとか、偏重とか、上方修正とか。

一概には言えませんが、こんなところを意識しています。

金額を大きく入れているその銘柄は、
意図してそうなったものか、一度見直してみると良いと思います。

見直して減らした後に暴騰してしまっても苦情は受け付けません(?
自分が騰がると思えるところに資金をシフトしましょう。

まぐれは身につきませんから(^ω^)

上手くいってもいかなくても、
戦略があれば、その経験がいずれ武器となるでしょう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
↑ランキング参加中です。記事にピコンと来ましたら応援(クリック)をお願いします。

-株式投資ノウハウ

Copyright© KABUDON , 2017 AllRights Reserved.