KABUDON

株式投資で資産を増やし、セミリタイアを目指す。

【株式投資】命をかけた投資はいつか失敗する

投稿日:


別に命なんて賭けてないよ
と言っても、そう見えてしまう投資スタイルがあります。

10Fのビルから隣の11Fのビルへ架けられた薄い板の上を歩いているイメージ。
その板が割れてしまったらどこまで落ちてしまうのかが分かっていない。

もしくは分かっていながら歩いてしまうケース。
自分は落ちないと思っているケース。

一度この手の投資が上手くいってしまうと、
それこそが儲かる投資法だと思い込んだり、ひりつく緊張感がやめられなかったりします。

周りからみてもこのような投資はきらびやかに見えます。

私もギャンブルを求める性格があるので、
需給でつい入ってしまう事がありますが、触っても少額にしています。ほんとか?

これは投資の良い所だと思っており、
体一つでは落ちて死んでしまうはずの所を、
体の一部を切り離す事でヒトデのように生き延びる事ができます。

体一つでやっていては、
どれだけ資金が増えても一度の失敗で最後には死んでしまいます。


投資にはローリスクハイリターンもある

私はリターンが良い時期もあるので、ハイリスクな投資をしていると思われがちですが、
リスクは抑えるように気をつけています。ほんとか?2回目

私の投資イメージはこちらです。

地上1mの上に架けられた厚い板の上を歩いているイメージ
※板が割れて落ちても大丈夫

地上というのはある地点の株価から安く見えたり、
チャートで下げ止まっている所というものではなく、

ファンダメンタルズ(企業業績)にもとづいたものを指します。

・EPS(一株益)
・PER(言い換えれば利回り)
・今後の業績見通しと達成実現性
・同業他社の株価
・配当利回り
・時価総額

あたりをみますが、今回は考え方の話なので細かい所は割愛します。

なぜ業績が良いと株価が上がるのかはこちらの本をおすすめしておきます。

※Kindle版
※単行本

今後の見通しが良い企業なんかは、
地面が上にグググと上がってくるようなイメージです。
今上がらなくても今後あがってくるなという企業もあります。

これはこの記事のために思いついたものではなく、
常にこのようなイメージをもって投資をしています。

この地面がグググと上がるところで多めに資金を入れられれば、
落ちる事なく資産を増やす事ができます。

ちなみに上がってしまうと高くなって買えない。
と言われることもありますが、私の想定する地面はもっと上にあったので、
上がってもこのタイミングで売るつもりはありませんでした。

ベネフィットジャパンはストック事業への転換期かつ当時の指標から見て割安のため購入。ただ最近は上がってきており、今後も売上を伸ばしていけるかは強みでもある営業力にもかかっている。また、3Qを見て確度が若干下がっているため、安易に購入する事はおすすめしません。一応書いておきますw

ここからが一番大事な考え方

ここまでが前置きなのですが(なげーよ
個人的にはここから書く事が一番大事かなと思っています。

それは、
投資に絶対はないという事を分かっている。
という事です。

地面と書きましたが、私はこの地面さえも割れる事があるという事を常に意識しています。

売上がおもってたんとちがう、利益がおもってたんとちがう、おもってたんとちがあうw

この時、地面が一気に下、今後下がりそう、
どこにあるのか分からない、という時は手放します。

地面がその辺に見えるのに株価だけが大きく下げた時なんかは
買い増したりしますが、その時でも自分の考えなど当たらないというのは常に意識しています。

買い増し(ナンピン)で大損した経験がある方も多いのではないでしょうか。

どこまで落ちるかわからずにナンピンを続けてそのまま・・
過信しすぎてナンピンを続けてそのまま・・

後者は良い銘柄を掴んでいると利益の源にもなるのですが、
それは別の機会に書ければと思います。

地面になる部分は人それぞれ

ファンダメンタルズは地面になる要素が大きいと思いますが、
人によっては経験によるテクニカルや需給だったりするのかもしれません。

冒頭のビルに架けられた薄い板の話では、
危なく見えても上手い人からみればすぐ下に地面が見えているのかも知れません。

大切なのは

自分にとっての地面になる指標を見つける事
それを過信せずに付き合っていく事

かなと思います。

投資の世界に長くいられれば、
複利という人類最大の発明(byアインシュタイン)にあやかる事ができます。

↓ランキング参加中です。記事にピコンと来ましたら応援をお願いします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

読まれている記事

1

こびと株さんの下記の記事を読んで、 LINK【雑談】20年来の親友ですら、私の「投資」を胡散臭い、あやしいと思っている ...

2

私の投資は大きく分けると以下の6つに分類されます。 基本的には6つ全てを同時並行で行ないます。 これらは銘柄毎によって分 ...

3

SBI証券の利用調査を行ったところ、 87%の人が口座を開設をしているということが分かり、その多さに驚きました。 ※投票 ...

4

大それたタイトルをつけながら、 毎度の暴落で資金を大きく減らしているせんどーです。 2008年、リーマンショック当時の私 ...

5

日経マネー2017年7月号では、 私がtwitterでフォローしている方の初登場、 かつ個人投資家の特集が他にもありまし ...

6

今日は投資家として購入して良かったと 思えた商品ベスト3を紹介いたします。 それでは早速ゴー(^ω^)ー!! 第3位 無 ...

-株式投資ノウハウ

Copyright© KABUDON , 2017 AllRights Reserved.