KABUDON

株式投資で市場平均・企業成長以上のリターンを目指す

私が株式投資で資産を増やし続けられる理由

更新日:

突然ですが、私の株式投資の年間パフォーマンスです。

2011年:+21%(日経平均:-17%
2012年:+23%(日経平均:+22%)
2013年:+26%(日経平均:+56%)
2014年:+28%(日経平均:+9%)
2015年:+20%(日経平均:+7%)
2016年:+76%(日経平均:+1%)
2017年:★奮闘中

どうですか?冒頭とタイトルで既にお腹いっぱいになったでしょう?

好結果は恐らく運や地合いの影響もあり、
今後、このパフォーマンスを維持できるかどうかはわかりません。

投資している企業にアクシデントがあれば、大きく減らす事も予想されます。

それでも数年など長いスパンで見れば増やし続けていけるのではと考えています。
成功体験、失敗体験から色々とノウハウもありますが、それは後々。

今日はまず株式投資に対してどういう感覚でいるのかを書きたいと思います。

魔法の宝箱

ここからは私の考えであり、うさんくさeフィクションを含みます(?)

ここに魔法の宝箱があります。

この魔法の宝箱は1年に1回、年間の予定表を吐き出します。

2017/03:125万円
2017/06:125万円
2017/09:125万円
2017/12:125万円

そしてその月になると実際にその金額が宝箱から出てくるのです。
何もせずに年間500万円GET
年が変わると2018年の予定表が吐き出されます。

株式投資となんの関係があるのかというと、
私の株式投資はこの魔法の宝箱を自分の買いたいと思う値段で買いあっているイメージです。

魔法の宝箱、あなたならいくらで買いますか

500万円以下で欲しいと思った方は、まだ投資家の頭ができていません。
1年で回収、つまり利回り100%の商品です。

不動産投資、株式投資でも数%を狙うような世界です。

10年以上この利益が約束されるのなら、
最低でも5000万円入りますので、5000万円の価値がついてもおかしくありません。

一つ難点なのは、この宝箱は2018年以降いくら吐き出すのかがわからない点です。
しかし、企業にはこれからいくら吐き出すのかを計る指標がたくさんあります

いきなり株式投資の話に戻しますが、
この宝箱に5000万円の価値をつけるのがPER10倍(10年で元をとれる)です。
この宝箱に1000万円の価値をつけるのがPER02倍(02年で元をとれる)です。

一般的にPERは低いほうが割安と言われるのはこのためです。

また、もし2018年にこの宝箱が1000万円を吐き出す事がわかったら、
この宝箱の価値はどうなるでしょうか。

価値があがる事が感覚的にも分かると思います。

まわりくどくなりましたが・・w

私はこのように、企業が将来、いくらの儲けを出すのかに注目し、
投資をする(将来の利益に対して割安に宝箱を手に入れる)考え方が基本となります。

下記のエナフンさんの本を読めば、この感覚は一発で身につきます。

以下のような方に特におすすめです。
・初心者の方
・うまくいっていない方
・うまくいっているけど、良く分かっていない方

株価が上がる理由、株価が下がる理由が良くわかります(^ω^)


※Kindle版

※単行本

単行本は中古以外在庫がないようです。
私は単行本、Kindle版、両方買っています

ちなみにこの発想も、尊敬するエナフンさんの考え方のパクr(おっとそこまでだ

-株式投資ノウハウ
-

Copyright© KABUDON , 2017 AllRights Reserved.