株式投資を始めたきっかけ




先日、仲良くさせていただいている株式投資に目覚めた群馬の至宝にて、
株式投資に目覚めるきっかけという記事がUPされましたが、

今日は私の株式投資を始めたきっかけを書きます。


群馬の至宝のもじゃさんは、結婚が契機とのことでした。

私の周りでは株式投資というと、
お金がないからやれない、お金が貯まったら
と言う意見も聞きますが、私はお金がない人ほど早く投資をすべきだと思います。
そういう意味ではお金が必要だと思った時に投資にトライできる方は
思考が一歩進んでいるかと思います(偉そう

また、大きな退職金を使っていきなり投資を始める方もいますが、
体に生肉を巻きつけた状態でサバンナに放り出されるようなものなので、
身を守る術がなければすぐ食べられてしまうのがオチです。

株式投資を始めるきっかけ

話を戻して私の株式投資のきっかけです。

私が初めて株を購入したのは2002年です。

当時、10代のキャピキャピ大学生だったのですが、
尊敬する友人が既に株式投資をしていたというのが単純なきっかけです。

最初に買った銘柄はスクウェアです。
エニックスと合併する直前で、代表作にファイナルファンタジーがあります。

株価1200円の銘柄を100株買うのに、
ドキドキ、ワクワクしていたのを思い出します。

しかもまだオンライン取引は主流ではなく、
大和証券の実店舗で口座を作ったのですが、
場違い感がハンパなかった記憶がありますw

そして、そこから良くわからないまま多少は資金が増えたものの、
リーマンショックで投資資金300万円を全て失ってしまいました。

今思えば2002年から2008年まではマネーゲームで、
投資と呼べるものではありませんでした。

その経験のおかげで、2011年に復帰をする際には自分なりに投資の勉強をして、
現在、リベンジ継続中という状態です。

一言で違いを書くとこうです。

■当時
業績は見ず、雑誌の目標株価を鵜呑みに取引していた
■いま
株価は企業業績他へ収束するという概念が根幹にある

ツイッタラー投資家は勉強熱心な方も多いですが、
今も私の知らないところで、ただのマネーゲームになってしまっている方がいると思うと
怖いなあと思うことがあります。

資金を失った時の感情は言い表せないものがあります。

ただ、そういう方々は今の相場では逆に稼ぎやすいかなとも思ったりします。
一度失敗してしまうと当時の記憶が蘇り、
攻めづらくなってしまうので(信用取引しまくってる人の発言か

ただ、リーマンショックの経験と、
投資を早くから始められたというのは運が良かったと思っており、
リーマンショックと友人には大変感謝しています(?

日本ではまだまだ投資人口が少ないため、
他の投資家の方がいつどのようにして始めたのかは興味があります。

twitterでのリプライか、ブロガーさんならこの記事へのリンクをしていただけると嬉しいです。

被アクセスはチェックしていますし、逆アクセスランキングを設置していますので、
多少はアクセスもお返しできると思います(^ω^)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ