KABUDON

株式投資で市場平均・企業成長以上のリターンを目指す

兼業投資家 vs 専業投資家

更新日:

先日、twitterでフォローしている方が、
下記のようなつぶやきをされていました。

妻に仕事を辞めて専業投資家になりたいと進言いたしました。
1年間だけチャンスをください…それで増やせなきゃ潔く諦めます。
チャレンジさせてください!と。

はぁぁぁっ?
ですって。
甘いんだろうな、俺の考え
専業の方はどのようにパートナーの理解を得たのでしょうか…

このつぶやきはかなりの反響があったようで。

専業投資はアカンという返信は大きく分けると二つありました。

・株式投資は良い時も悪い時もある、投資の世界は甘いもんじゃない
・(自分は兼業投資家なので)株式投資を専業にするなんて考えられない

投資の世界は甘いもんじゃない

投資歴の長い方は、良い相場も悪い相場も見てきているので、
経験上こちらの感覚はあると思います。
下がっても結局上がってしまう今の相場は簡単な部類です。
投資歴が浅くても勉強熱心な方はこの感覚を持っていると思います。

専業にするなんて考えられない

自分がやってない(できない)から攻撃する人が
一定数いるというのはわかりました。
集中投資やリスクのある企業へ投資をしている人が失敗した時に
攻撃的な返信がつくのもこのタイプかなと思います。

私も株式投資だけで食べていくのは難しいという考えがありますが、
だからこそ専業投資家を尊敬しています。

それでも辞めたい

ある程度株式投資で資産が増えてくると、
労働に対するリターンから、仕事が馬鹿らしくなってきますw

こちらはみかんさんのつぶやきが的確でした。

私もこのような状態に陥っていますが、私の目標は

やりたい事をやる。
そのために安定的な収益化の仕組みを作る。

です。

私にはやりたいことがありますが、それが収益に結びつくとは限りません。
安定的な収益が別にあれば、やりたい事を仕事にできます。

個人でやるか、会社の事業として提案するか(そんな事できるのか?)は模索中ですが、
会社に依存しないというのも一つの目標なので、個人でやってしまうかも知れません。

あとは、いろんな事を勉強したり、
寝まくったり、漫画やアニメを見たり自由にしたいのですw

良く言えば、人生の選択肢を増やせるということです。
(スピリチュアルっぽいこと言っちゃった☆)


私のもくろみ

私は良くも悪くもリアリストです(言いたいだけ)

過去のパフォーマンスが続くのであれば即自由に生活しても良いのですが、
パフォーマンスがマイナスになる年が訪れた時に、
専業投資家では、生活費を取り返そうとしてドツボにはまってしまう
というのは自分の性格上、良く理解しています。

そのため、目安としては

・株式投資による配当金
・ブログほかによる収益
キャピタルゲインの最低ライン

を足したもので生活できそうになってきたら
かと考えています。
※私の今の現状の場合です。

景気が悪くなって配当金が下がる事はあっても、
キャピタルゲインよりは安定的かと思います。

ブログは投資で減らした時もネタとして助けてくれると考えています。

私は独身で守るものも何もありませんが()
一旦は、控えめにこんな感じを目標にしています。

私の場合、兼業でもやれる事はあるはずなので、
そこを頑張れない人がいきなり辞めてもうまくいくわけがなく・・
少しつづ、積み重ねていきたいと思います。

さいごに

私はもはや投資がやりたい事の一つとなっています。

企業の事を調べたり、良いなと思った企業が成長していく過程を見るのはとても楽しく思えます。

そういう意味では、やりたい事(投資)を専業にしている専業投資家には憧れがあります。

ただし、今うまくいっているから辞めるという判断ではなく、
各個人の置かれている環境(返すべき借金がある・家庭があるなど)と、
現資産や投資手法を考慮して、理論的に説明できる必要があると思います。

確実じゃなくても専業になりたいなら、そう理解しておく必要があります。

あなたが投資家なら、
今の自分に長期で投資できるか?というのは良い心構えになるかも知れません。

働いていれば確実に給料が支払われる会社員にどれだけ信用があるのか、良くわかると思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 株日記へ

-セミリタイア, 株式投資

Copyright© KABUDON , 2017 AllRights Reserved.