自分のやりたいことを見つける?深層心理の旅へ




こんにちは、SENです。

2017年11月頃のことです。

本当に自分のやりたいことはなんなのかと深く考えた時、心に大きな変化がありました。

今日はその時の話をします。

私のやりたいこと

私のやりたいことというよりは、私は何もやりたくない人でした。

一人遊びも得意なのでインターネットさえあれば一日中家にいることができます。

ですが、その生活を送る為には不労所得が必要です。

それでいて今の生活水準は落としたくない

おそらく、3億円もあれば年間2〜3%の利回りで現在の生活水準を維持できるといったような
安易な考えからのつぶやきでしょう。

昔からこんなことばっかり言ってたのか

と、考えていると、

その願い、叶えてやろう

と白い猿が目の前に現れ・・次の瞬間



私のやりたいこと?

手元には3億円─

その代わり、70歳の老人の姿に変えられてしまいました。

私の願いは叶ったのでしょうか。

その時に気づいたのです。

私の考えていた理想は

不労所得のための大金を今すぐ手に入れたい

不労所得のための大金を今すぐ手に入れたい

だったのです。



株式投資で平均より良いパフォーマンスを出しても心が満たされない
辛いという心の正体は、この現実と無理のある理想のギャップによるものでした。

少し考えればわかるようなことが、わかっていなかったんですね。
  • すぐに3億円なんて現実的ではない、貯まるまで永遠に苦痛な生活なんて馬鹿らしい
  • 仮に3億円あっても自分の性格を考えると何も変わらない

それ以来、金融資産が増えても減ってもほとんど何も感じなくなっていました。

増えた / 減ったをネタでつぶやくくらいです。

もしかしたらこの時点で投資家としての資質を失っていたのかもしれません。

何もやりたくない?

仕事が大変だったりすると、

もぅマヂ無理。 彼氏とゎかれた。

となって、絶対に働きたくないと思うのですが、体力・精神的に辛くなければ少しくらい働いても良いかなと思うのです。

生活水準落としたくない人ですし

利益を伸ばしたり、効率化を考えたり頭を使って改善するのは嫌いではないので、
週3-4日だけ働けるような別口の収入源があれば、このような働き方もアリかと思います。

別口の収入源=投資、副業(このサイトなど)

人のことを考えて行動せよというのが家訓の一つでもあるので、誰か / 何かの役に立つというのは綺麗事ではなく喜びを感じます。

お金の価値観

最近、お金の価値観の違いによって、お金の増やし方に向き不向きがあるなと考えるようになりました。

  • お金が溜まっていくのを見るのが好き
  • 収入が増えるのが嬉しい
  • 実際にお金を使うのが好き

お金が溜まっていくのを見るのが好きなタイプ

コツコツ貯金や節約が向いている方で、ミニマリストに多いタイプです。

特に何かお金を使いたいという事もあまりなく、お金が溜まっていくのを見るのが好きなため、倹約も苦にならない印象です。

収入が増えるのが嬉しいタイプ

月の収入に敏感で、不動産・株式投資/転職/副業などから収入の最大化を目指し、収入が増えることに喜びを感じるタイプです。

実際にお金を使うのが好きなタイプ

お金を増やしたいのは使いたいから。我慢して貯めるというよりは使うことに喜びを感じるタイプです。

私、SENはこのタイプで、残念ながら一番お金が貯まらないタイプだと思います。
収入が増えるのが嬉しいタイプではあります。

まとめ

白いお猿さんのところはフィクションですが。

まず、お金が増えても辛かったのは、実現できない目標だったからということがわかりました。

すぐに3億円なんて、どう考えても無理ですよね。

しかも、どうやら私は将来3億円があっても嬉しくないみたいです。

すると辛かったマインドからは解放され、やりたいことに向かって少しづつ進んでいくこの状況まで楽しめるようになってきました。

2018年は進捗がなくて辛かったのですが、本業の方で色々な経験ができたので、それはそれで良い年ではあったかなと思います。

自分に言い聞かせる、これが闇の戦士。

2018年の年始に副業に力を入れると書いたのはこういう経緯があったからです

2019年は本業で自分の向いてない部署に異動になりましたが、残業が減るのでその時間を活用して、やりたいことの実現に向けて少しづつ動きます。

私の理想
収入源を増やし、縛られない働き方を実現する。そしてお金を使う

お粗末様でした。

皆さんも今一度、自分のやりたいこと、理想と現実について考えて見ると良いと思います。