【株式投資】SBI証券スマホアプリバージョンアップ変更点まとめ




証券節穴リストのせんどーです。

2018/9/8にiphone向けSBI証券スマホアプリ大幅バージョンアップがありました。
使える機能も増えたと思うので、自分用にも変更点をまとめておきます。

バージョンは3.0.0なのでメジャーバージョンアップ(大幅改訂)です。

スマホアプリなので、このページもスマホからの方が見やすくしてあります。

登録銘柄

まずは一番目にする登録銘柄から




自分が登録した銘柄のリストですね。

全体的にトーンが暗めに変更されており、E*TRADE時代を彷彿とさせます(言いたいだけ)

機能的な変化は特にありません。

銘柄分析

通期業績推移



タップするとこんな感じで細かい数字が出ます。前期比、利益率は自分で見てみてください(面倒くさがる

四半期業績推移

これはいいぞ

キャッシュフロー推移

予想PER推移

PBR推移

銘柄比較


こちらは「お?」と思ったのですが、思った感じではありませんでしたw

銘柄分析では、これまで企業のIR情報で調べていたことが、このアプリ内で完結できるかもしれませんね。

業績

経常利益進捗率


半円グラフと3年分の棒グラフでわかりやすいですね。

1Qでこの進捗率(まとめに煽りを入れるな

BEENOSは会社予想を出していなかったのでここは大泉製作所の画像を使っています。

業績フラッシュ

この業績発表でこれだけ株価が動いた、なあんていうのも見えますね。


ニュース記事は既読のものはグレーとなり、ニュースの種類やコンセンサス上振れ下振れの天気マークで絞り込みなどもできます。


そのまま決算書まで見ることができます。

これ地味にありがたいかも!!

適時開示


開示系がずらっと。

チャート


特に変更点なし。

以前のバージョンアップでチャートは既に使いやすくなっています。

線を引けたり、価格帯出来高や指標がたくさんあります。

プッシュ通知


プッシュ通知はスマートフォンならではって感じですね。

銘柄毎に設定する必要はありますが、決算の数日前や権利日なんかも教えてくれるみたいです。

使い道ありそう

マーケット

ランキングは以前より種類が増えたっぽいです。

本業で余裕あった頃は出来高急増した銘柄を次の日デイトレで遊んでいました(仕事して

まとめ

以前は企業のIRや株探などで調べていたことがこのアプリ内で完結するかもしれません。

私個人的にも新規の銘柄は、まず四季報で業績や時価総額、EPSなどの指標をみてから、銘柄分析→そのまま決算書を見るといったような使い方ができそうです。

楽天証券に遅れをとっていた印象なので、今回は素直に良アップデートでした。

取引をしなくても銘柄分析に使えると思いますので、ぜひSBI証券も使ってみてはいかがでしょうか。

変更点は全てを網羅している訳ではないので、詳細はSBI証券を参照してください。